くらし情報『「オオカミくんには騙されない」元プロデューサーが語る、恋愛リアリティショーの怖さ』

2020年5月26日 19:45

「オオカミくんには騙されない」元プロデューサーが語る、恋愛リアリティショーの怖さ

という想いを重ね合わせることができる、身近な「共感」が一番の存在価値です。

この点において「番組(フィクション)だから本気で受け止めないでね」、という都合のいい「お約束」は成り立ちません。SNSを中心にネット上のあらゆる局面で、まことかウソか……の境界線をさまよいながら、その一部が切り取られ、どんどん拡散していきます。

誰が誰を好き、カワイイ、カッコイイ、というポジティブな面だけでなく、悪いのは、ズルいのは、かわいそうなのは誰?というネガティブ面も取りざたされます。人間模様が複雑になっていくにつれて、視聴者も、自分ごとのように「本気」になるという構造があります。制作サイドにしてみれば、その状態こそ「思うツボ」です。ただ、番組が話題になればなるほど、「まな板の鯉」として、矢面に立つのは出演者です。

一つだけ、確実に言えること

実際に「テラスハウス」がどのような演出方法をとっているかは、私にはわかりません。

ただ、一つだけ確実に言えることは、この木村さんのコスチューム事件が、最初からシナリオにあったにしろ、偶発的に起こったことを番組として取り入れただけにしろ、放送前に内容は織り込み済みであった点です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.