くらし情報『「オオカミくんには騙されない」元プロデューサーが語る、恋愛リアリティショーの怖さ』

2020年5月26日 19:45

「オオカミくんには騙されない」元プロデューサーが語る、恋愛リアリティショーの怖さ

出演者は生身の人間で、制作サイドの私たちは、その感情の振れ幅を、いわば「商品」として扱っていることをもっと自覚しなくていけないと思います。そして、番組において培われる彼らのイメージには制作サイドが責任を持つ、という態度を明確にすべきでしょう。番組内の演出だけでなく、出演者のSNSを利用した番組宣伝の手法が度を越していなかったかも検証すべきです。

どれだけ「リアル」であっても、プロの手によって作り出される「フィクション」である点には変わりがないのですから。

恋愛リアリティショーの価値は、出演者たちが「リアルに」泣いたり笑ったりすることを通じて、本人たちすら気づいていない魅力や輝きを描かれる点にあると思います。綺麗事に聞こえるかもしれませんが、もう一度、シンプルに、人の心の「リアル」を扱う番組のあり方、制作体制を問い直すときが来ているのではないでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.