くらし情報『子どもとの在宅ワーク。仕事仲間に理解してほしいことは…』

2020年5月28日 21:15

子どもとの在宅ワーク。仕事仲間に理解してほしいことは…

目次

・未就学児の親の9割、小学生の親の8割が「困っている」
・困りごとの1位は「集中できない」こと
・在宅ワークで工夫をしていること
・仕事仲間に理解してほしいこと
・あれば助かると思うサービス
子どもとの在宅ワーク。仕事仲間に理解してほしいことは…

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、保育施設及び学校が登園自粛・休校になり、在宅ワークを余儀なくされる家庭も。これまでとは違う働き方に戸惑うことも多いのではないでしょうか。

企業主導型保育施設併設シェアオフィス「Maffice(マフィス)」を運営する、オクシイ株式会社は、未就学児・小学生の子どもを持つ親を対象に「子どもと一緒に在宅ワーク」に関する実態調査を実施しました。調査の結果、未就学児親の約9割、小学生親の約8割が子どもとの在宅ワークに「困っている」と回答していることがわかりました。

未就学児の親の9割、小学生の親の8割が「困っている」

「子どもとの在宅ワーク、困っていますか?」という質問に、未就学児の親の88.8%、小学生の親の78.0%が「はい(困っている)」と回答しました。

調査を行なったマフィスは「いいえ」と答えた方の職業を分析。会社役員・フリーランス・パートタイムの割合が高く、その理由として「『ある程度、時間の使い方を自由に決められる』『勤務の時間が短い』ことが考えられます」と述べています。

困りごとの1位は「集中できない」こと

前出の問いで、「はい(困っている)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.