くらし情報『「単純な労働力なんてこの世にはない」中園ミホが『ハケンの品格』にかける思い』

2020年6月17日 09:55

「単純な労働力なんてこの世にはない」中園ミホが『ハケンの品格』にかける思い

あれから彼女たちも年を重ねて、一番若い人でも40代になったのかな。

たびたび、彼女たちからも「続編はやらないんですか?」と聞かれていて、私自身も続編を作りたいと思っていました。でも、ドラマって俳優さんたちのスケジュールやテレビ局がその気になってくれるかとか、いろいろな条件が重なって奇跡的なタイミングで作られるものなんですよね。

そんな中で、平成の終わりの2019年1月8日にNHKで放送された『クローズアップ現代+1月8日始まりから終わりへ~ヒットメーカーの平成~』という番組に出演した際のインタビューで、「もう一度私は『ハケンの品格』を書かなきゃいけないなと思っている」「平成の次の時代に『ハケンの品格』を書くとしたら大前春子さんの敵は人間じゃなくてAI」「時代の流れに取り残されていく人は必ずいつの時代にもいると思うし、その人たちに元気になってもらうドラマを書きたい」などのお話をしたのですが、それを日本テレビの人たちが見ていて「ぜひ続編を作りましょう」とお声掛けいただいて具体的に動き始めました。日本テレビ提供(以下、同)

——番組HPには「AI」のほか「働き方改革」や「副業」という言葉も載っていました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.