くらし情報『「単純な労働力なんてこの世にはない」中園ミホが『ハケンの品格』にかける思い』

2020年6月17日 09:55

「単純な労働力なんてこの世にはない」中園ミホが『ハケンの品格』にかける思い

中には50代に差し掛かった人もいて、親の介護の問題や派遣同士で結婚して子供を保育園に入れるのに苦労したとかいろいろな話を取材できました。

——若い世代の人たちには取材したのですか?

中園:若い派遣社員の子たちはドラマの現場にたくさんいるので普段からよく話を聞いているんですが、今はコロナ禍で特に大変ですよね。実家にも帰れないし、下積みの子たちは余裕がないから今月の家賃も困る状況らしく、すごく心配しています。

でも、そうはいっても脚本を書き進めないといけないし、書きたいことはたくさんあるのですが、「撮影ができるのかな」と考えるようになっちゃって正直ちょっとしんどいです。粛々と書いてはいるのですが、一気に書けないというか、いちいち考えちゃって筆が止まる。『ハケンの品格』は、見てスカッとしてほしいドラマだから自分がこんなに落ちてちゃダメですね……。私は真正面から社会を描くことや、社会派ドラマを書くのが苦手なので、このドラマを見ている間だけはゲラゲラ笑って楽しんでいただきたい、そう願って書いています。その中に、それぞれの立場の人の切実な本音を込めていきたいと思っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.