くらし情報『「こうしなきゃ」よりも「こうしたい」山内マリコがJJを読んでいる女の子に伝えたかったこと』

2020年6月25日 20:45

「こうしなきゃ」よりも「こうしたい」山内マリコがJJを読んでいる女の子に伝えたかったこと

目次

・『JJ』読者に伝えたかったこと
・「若い」ってそれだけで弱い存在
・「こうしなきゃ」よりも「こうしたい」
「こうしなきゃ」よりも「こうしたい」山内マリコがJJを読んでいる女の子に伝えたかったこと

作家の山内マリコさんが25歳の女の子に向けて書いたエッセイ『The Young Women’s Handbook〜女の子、どう生きる?〜』(光文社)が5月27日に発売されました。

同書は2018〜2019年にかけて女性ファッション誌『JJ』(同)で連載された文章をまとめたもので、その月の巻頭特集のコピーをテーマに山内さんが綴(つづ)っています。

JJ編集部によると山内さんに連載を依頼したのは「上から目線ではなく、シスターフッドの考え方を持った女性だから」と言います。

「イケイケなコピーが躍っている赤文字系の雑誌で『無理をしなくていいんだよ』と伝えたかった」と話す山内さんにお話を伺いました。前後編。

※インタビューはオンラインにて実施。

作家の山内マリコさん

『JJ』読者に伝えたかったこと

——『JJ』と言えば、男の子の視線を意識したコンサバファッションが中心のいわゆる「赤文字系雑誌」です。そんな雑誌で、例えば「インフルエンサーになれなくても」(Chapter.7)で書かれていた「大事なのは、他人が自分をどう思っているかじゃなくて、自分が自分をどう思っているか。」というメッセージは目を引きました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.