くらし情報『美しい街と雨が容赦なく露わにする“若さ”の正体【レイニーデイ・イン・ニューヨーク】』

2020年7月4日 13:00

美しい街と雨が容赦なく露わにする“若さ”の正体【レイニーデイ・イン・ニューヨーク】

った。

それは正しいことでもある。何十億という自分と同時に存在する人間の中で、誇りに思える要素なんて若い女の子には実はほとんどない。大学のクラスで評価されても秒速で誰かに上塗りされるし、思いついたほとんど全てのことはすでにどこかの国の誰かがとっくに成し遂げているものだった。何を書いても誰かがどこかに書いたものを都合よくコラージュしたようなものでしかなかったし、遊びもバイトも判で押したように皆んなと同じなのだ。だから、自分を他の人より大切に思うためには、冷静ではない誰かの評価を使うしかない。自分と同じように特別を追いかける彼氏の、冷静でも正確でもない評価は、一番手っ取り早く私を差異化してくれる。だから彼が他の女に目移りすることを極端に嫌ったし、自分が気付いて欲しい変化に無頓着だと苛立った。

それでも若い恋愛なんてとても脆くて、気付けば彼も少し冷静さを取り戻し、自分の選んだ女が自分が思ったように特別ではないことを知り、自分が思っていたよりずっとくだらない相手にも、そんな相手が特別に見えてしまうような自分にも小さく絶望して破綻していく。彼の目の中にいる自分が色を失うことで、自分自身が見いだしかけていたなけなしの価値が簡単に消え、再び自分が形なんて持っていないんじゃないかと不安になる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.