くらし情報『外出自粛期間中、みんなのお金に対する意識はどう変わった?』

2020年6月29日 20:15

外出自粛期間中、みんなのお金に対する意識はどう変わった?

目次

・お金について考えが変わったことは?
・現金を使わなくなった理由は?
・家計で見直したもの
・これからもオンラインで行いたいもの
外出自粛期間中、みんなのお金に対する意識はどう変わった?

外出自粛期間に、「働き方」や「これからの生活」などを考えた人は多いことでしょう。お金の使い方を考え直した、変えたという人もいるかもしれません。

このたび、住信SBIネット銀行株式会社(以下、住信SBIネット銀行)は、2020年6月9日(火)~6月16日(火)に住信SBIネット銀行の顧客を対象に「外出自粛期間での意識・行動変化に関するアンケート」を実施。調査の結果、約7割の人が「現金の使用頻度が減った」と回答。その背景にキャッシュレス決済への慣れがあることがわかりました。

調査結果の一部を紹介します。

お金について考えが変わったことは?

外出がしにくくなる期間を経てお金について考えが変わったことについて聞いたところ、「少しでも無駄を減らしたくなった」が45%で最多となりました。

また、「外出自粛期間中、現金の使用頻度が減りましたか?」という問いには、69%が「はい」と回答しています。

現金を使わなくなった理由は?

現金を使わなくなった理由について聞くと、「キャッシュレス決済に慣れた」が47%でもっとも多い結果に。他には「現金決済のお店で買い物しなくなった」(22%)、「現金を触りたくない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.