くらし情報『倒れたら「こっちのもん」88歳現役チアリーダーから老後が不安なあなたに伝えたいこと』

2020年7月2日 20:45

倒れたら「こっちのもん」88歳現役チアリーダーから老後が不安なあなたに伝えたいこと

目次

・勉強はめちゃくちゃ楽しかった
・年を取っても他者と関わっていく
・倒れたら「こっちのもん」
倒れたら「こっちのもん」88歳現役チアリーダーから老後が不安なあなたに伝えたいこと

人生100年時代、いくつになってもチャレンジできる——。

平均年齢72歳のチアリーディング・チーム誕生の実話を描いた映画『チア・アップ!』が7月3日に公開されます。ファッション・アイコンとしてインスタグラムも人気の大女優ダイアン・キートンが、余生を過ごすために移り住んだシニアタウンの仲間とチアリーダーになる夢をかなえる主人公を演じています。

実は日本にも88歳で現役として活躍しているチアリーダーがいます。53歳で米国留学、63歳でチアチームを設立した滝野文恵(たきの・ふみえ)さんに、いくつになってもチャレンジを忘れない心の持ち方、後悔しない生き方のヒントを聞きました。前後編。

映画『チア・アップ!』メインビジュアル

勉強はめちゃくちゃ楽しかった

——滝野さんは53歳のときに米国ノーステキサス大学に留学され、老年学(人間の加齢変化や社会に内在する問題を研究し、高齢社会のあらゆる課題を学ぶための学問)の修士号を取得されています。

滝野文恵さん(以下、滝野):日本で大学を卒業した後にも1年留学していまして、その時の友達から、老年学というものを勉強していると手紙で知らされていたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.