くらし情報『長澤まさみ演じる「共感できない」シングルマザー 大森立嗣監督がまなざす“社会の外”』

2020年7月4日 20:00

長澤まさみ演じる「共感できない」シングルマザー 大森立嗣監督がまなざす“社会の外”

普通に見える家でも、その家族なりの何かが絶対あるじゃないですか。その悩みを告白できる友達がいれば相対化されて楽になったりするし、自分から面白おかしく人に話せるようになっても、また楽になるんだけど。僕が子供の頃よりも、今は人とは違うものを受け入れる社会ではなくなってきている。さっきの女性のホームレスは許さないという話もそうですが、「こういうふうにやらなきゃいけない」という同調圧力が強くて、異物を排除していく空気になっていることに、一番怖さを感じています。

僕自身は今回の秋子と周平の親子のような、社会の外側にいる人々に興味をずっと持っていて、そういう作品を作り続けています。政治も道徳も社会の内側で、その外にいる人たちは居場所がどんどんなくなっている。彼らは生きているし、僕たちと同じように呼吸をして、人を好きになる同じ人間だ、という視点やまなざしを持ち続けることで、行き詰まった社会で少しだけ可能性が見えてこないかなって思っています。

映画のメッセージは…「自分で考えて」

——映画のインタビューで「主人公に共感した部分は?」という質問がよくありますが、そういう意味では秋子は絶対に“いい母親”ではないし、“共感できない”人物だなあと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.