くらし情報『梅雨のむくみをケアする足のツボとマッサージ4つ【臨床内科専門医が実践する】』

2020年7月13日 20:00

梅雨のむくみをケアする足のツボとマッサージ4つ【臨床内科専門医が実践する】

また、バスタイムにさっと行える簡単なマッサージも紹介しておきましょう」

ゴルフボールや青竹踏みで足のツボを刺激

(1)ツボ・湧泉(ゆうせん)を刺激する

「湧泉」は足の裏にあり、その名の通り、生きるためのエネルギーが泉のように湧き出るツボとして知られています。刺激すると血流を促し、むくみや頭痛、首のこり、めまい、冷え、だるさなど、全身の不調を和らげるように作用します。

またメンタル面でも、気持ちを落ち着かせる、憂うつ感やストレスを緩和するように働きかけます。

<ツボ「湧泉」の位置>

足の指に力を入れてグーをしたときに足の裏にできるくぼみの部分。また、足のひとさし指となか指のあいだからおや指の幅3本分ほど下がったところ。左右にあります。

<刺激法>
手のおや指とそれ以外の指で足をはさみ、おや指でツボを押さえます。強めにひと押し5~10秒を3~5回、くり返しましょう。デスクワーク中ならゴルフボールやテニスボールを足の裏でころがしながら刺激をする、また青竹踏みで刺激するのもいいでしょう。一方の足ずつ行いましょう。

(2)ツボ・承筋(しょうきん)を刺激する

「承筋」の「承」には受ける、「筋」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.