くらし情報『梅雨のむくみをケアする足のツボとマッサージ4つ【臨床内科専門医が実践する】』

2020年7月13日 20:00

梅雨のむくみをケアする足のツボとマッサージ4つ【臨床内科専門医が実践する】

には筋肉という意味があり、ふくらはぎの筋肉が盛り上がった部分を受け止める場所にあるツボを示します。

足の疲れやこむら返りの予防と緩和で知られるツボでもあり、足の血流を促してむくみを改善するツボとして用いられます。さらに、腰から背中にかけてのこり、足のだるさを和らげるようにも働きます。

<ツボ「承筋」の位置>

ふくらはぎの筋肉のもっとも盛り上がっている部分。また、膝(ひざ)の裏の横じわの真ん中からおや指の幅5本分ほど下がったところ。左右にあります。

<刺激法>
手のおや指で軽めにひと押し5~10秒を3~5回、ゆっくりとくり返します。また、手を使わずに、反対の足の膝(ひざ)を使ってグリグリと刺激することもできます。この押しかたならデスクワーク中でも刺激ができます。

(3)ツボ・三陰交(さんいんこう)を刺激する

「三陰交」は、東洋医学では生命を維持するために必要なエネルギーである「気(き)」の道すじが、3つ交わっている場所を表します。全身のむくみを改善するほか、めまいや立ちくらみ、のぼせ、イライラなどの改善が期待できるでしょう。

また、冷えのケアに対応するツボとしても知られています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.