くらし情報『いまさら聞けない…「免疫」って何のこと? 皮膚が外敵をバリア【専門医に聞くやさしい免疫学】』

2020年7月14日 20:53

いまさら聞けない…「免疫」って何のこと? 皮膚が外敵をバリア【専門医に聞くやさしい免疫学】

目次

・免疫とは外敵から体を守るしくみ
・免疫の第一段階は「皮膚」と「粘膜」
・聞き手によるまとめ
いまさら聞けない…「免疫」って何のこと? 皮膚が外敵をバリア【専門医に聞くやさしい免疫学】

新型コロナ危機で、予防として重要なことは「免疫力の向上」と言われ、免疫の情報に注目が集まっています。もっとも、免疫とは以前から、風邪やインフルエンザ、ノロウイルス、ヘルペス、肺炎など感染症をはじめ、花粉症や動物アレルギーなど各種のアレルギー疾患、また糖尿病やがんなどの生活習慣病と関係が深いことは常々言われてきました。

しかし免疫とは何か、その実態は何なのか、脳や体のどこにどんなふうに存在するのか、また「免疫力を高めよう」という言葉をよく耳にするけれどそれは実際に可能なのか、自律神経と関係があると聞くけれど本当なのか、どうすれば免疫力を高めることができるのか、知らず知らずのうちにNGなことをしていないか……、疑問がよぎります。

そこで、いまこそ免疫について理解を深めたく、感染症や免疫について詳しい耳鼻咽喉科・気管食道科専門医でとおやま耳鼻咽喉科(大阪市都島区)の遠山祐司院長に連載でお話しを聞きます。

今回・第1回では、いまさら聞けない、免疫って何? 免疫力とは? 体のどこでどう働いているの? などについて尋ねます。

免疫とは外敵から体を守るしくみ

——そもそも「免疫」とはどういうものなのでしょうか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.