くらし情報『失敗したくない!「おうちヘアカラー」のポイント【美髪プロに聞く】』

2020年7月18日 15:00

失敗したくない!「おうちヘアカラー」のポイント【美髪プロに聞く】

目次

・先に全体の根元を塗ってから、毛先へ進む
・聞き手によるまとめ
失敗したくない!「おうちヘアカラー」のポイント【美髪プロに聞く】

自宅で上手にできるセルフカラーについて、連載にて、美容師で美髪のためのケアを追求する三谷遥(みたに・はるか)さんにお尋ねしています。

第1回の「『おうちヘアカラー』でのカラー剤と色の選び方」では市販のヘアカラー剤について紹介しました。今回の第3回では、自分でヘアカラーをする方法について、三谷さんにプロのテクニックを伝授してもらいましょう。

先に全体の根元を塗ってから、毛先へ進む

ではどのようにカラー剤を塗っていけばいいのでしょうか。三谷さんは準備についてアドバイスをしたうえで、手順を次のように説明します。

「まず、カラー剤、鏡、ケープか代用のフェイスタオルかバスタオル、カラー剤がついてもいいヘアブラシ、タオル、ヘアゴム、ラップ、ヘアクリップ、ビニール袋、ビニール手袋などを準備しておきましょう。また、液剤が付着して汚れてもいい服や、フロントがジッパーなどの脱ぎやすい服を着用して行いましょう。その後に次の段取りでカラーを行ってください」

(1)顔や首、手などにカラー剤が付着すると肌がダメージを受けます。髪の生え際にはぐるりとワセリンを塗っておきましょう。

(2)ワックスやヘアスプレーなどのスタイリング剤がついていない状態で、髪を染めます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.