くらし情報『高橋真麻アナウンサーは実物のほうがキレイ! “美人度が上がる”写真写りのワザをカメラマンに聞いてみた』

2014年10月8日 12:00

高橋真麻アナウンサーは実物のほうがキレイ! “美人度が上がる”写真写りのワザをカメラマンに聞いてみた

高橋真麻アナウンサーは実物のほうがキレイ! “美人度が上がる”写真写りのワザをカメラマンに聞いてみた

人気フリーアナウンサーの高橋真麻。ネットでは「不細工」「あの顔でフジテレビのアナウンサーになれたのは親が高橋英樹だからだ」「コネ入社」と叩かれ続け、本人も雑誌でたびたびその件について言及。自らの顔を「トリッキー」とも表現している。だが、高橋真麻に会った人びとは口を揃えて言う。

「意外にキレイだったので驚いた」

「テレビでみるのと全然違う。普通に美人なんで驚いた。ヤフーの副社長と交際していたのも納得の顔だった。普段は『ブス』なんて言われないだろうし、『ブス』と叩かれて本人もびっくりだったのでは」

反対に、ライターという仕事をしていると、取材でタレントやアナウンサーに会って、「え?テレビでみるほどキレイじゃないな」とがっかりすることも多い。なぜ、そうなるのか。カメラ映りがいい顔、悪い顔があるのだ。

一般の人も写真や動画を撮ることが増えた中で、「どうして私はカメラ映りが悪いの?」と思う人も多いだろう。そこで「カメラ映りのいい、悪い」の謎について取材してみた。

中野美奈子や夏目三久、小泉進次郎はカメラ映りがいい
まず、実際に「カメラ映りがいい著名人」について聞いてみた。テレビ局関係者が言う。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.