くらし情報『橘みつはどうしてレズ風俗のオーナーになったのか【7月記事ランキング】』

2020年8月5日 21:45

橘みつはどうしてレズ風俗のオーナーになったのか【7月記事ランキング】

目次

・1位新卒3ヶ月で会社をクビになり、24歳でレズ風俗店オーナーに。彼女が「橘みつ」になるまで
・2位子供にランドセルの色を押し付けるのは“呪い”?親になって思ったこと【ねむようこ】
・3位妊婦同士で争うのは不毛…妊娠・出産の「あるある」ではなく地味な気づきをマンガに
・4位子供ができたら、夜中にテキトーなごはん食べられなくなるんだよ?【君に会えたら何て言おう】
・5位フライパンは半年ごとに買い替える! クックパッド流「外食レベルのごはんになる」コツ3つ
・6位キヨコ先輩は職場でちょっと浮いている/『エミ34歳、休職させていただきます。』1
・7位いつの間にできたの?謎マナーを布教する人に言いたいこと【DJあおい】
・8位「料金設定は妥協しない」レズ風俗の店長が目指す誰も損しない仕組み
・9位どんな人がレズ風俗を利用しているの?橘みつさんに聞いてみた
・10位「家族のために料理をしない」クックパッドの“中の人”に聞く、料理が楽しくなるコツ
橘みつはどうしてレズ風俗のオーナーになったのか【7月記事ランキング】

ウートピの7月の記事ランキング(集計期間:2020年7月1日〜31日)を振り返ります。

1位新卒3ヶ月で会社をクビになり、24歳でレズ風俗店オーナーに。彼女が「橘みつ」になるまで

1位は、対話型レズ風俗店「Relieve」のオーナー兼キャストの橘みつさんのインタビューでした。今年の5月に自身の半生をつづった『レズ風俗で働くわたしが、他人の人生に本気でぶつかってきた話』(河出書房新社)を上梓した橘さん。これまでのキャリアで、自分の「不可能性」に気づけたことが大きかったと話します。橘さんの気づいた「不可能性」とは——?

2位子供にランドセルの色を押し付けるのは“呪い”?親になって思ったこと【ねむようこ】

2位は、マンガ家のねむようこさんのインタビューでした。4月に発売された新刊『君に会えたら何て言おう』(祥伝社)では、2018年に出産したねむさんの体験が色濃く反映されています。作品を描く上で意識したこと、妊娠・出産を取り巻く女性の状況について思うことなどを伺いました。

3位妊婦同士で争うのは不毛…妊娠・出産の「あるある」ではなく地味な気づきをマンガに

3位にも、ねむさんのインタビューがランクイン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.