くらし情報『だ液と緑茶で…口臭の発生源「舌苔」のセルフケア法【歯科医が教える】』

2020年8月11日 20:45

だ液と緑茶で…口臭の発生源「舌苔」のセルフケア法【歯科医が教える】

目次

・だ液と緑茶で舌の汚れを取り除く
・コットンや舌用ブラシで舌苔を取り除くコツ
・聞き手によるまとめ
だ液と緑茶で…口臭の発生源「舌苔」のセルフケア法【歯科医が教える】

年齢とともに自分で感じるようになってきた口臭……なんとかして改善したいものです。そこで、『すべての不調は口から始まる』(集英社新書)という著書が話題の、口腔衛生や口臭に詳しい江上歯科の江上一郎院長に連載でその方法を聞いています。

第1回の「口臭の原因はアレだった! 自分で確認する方法は?」では、だ液の減少で口の中の細菌が増えてにおう気体が発生すること、その発生源は舌苔(ぜったい)であることを教えてもらいました。

今回は、その舌苔を自分でケアする具体的な方法を紹介します。

江上歯科の江上一郎院長

だ液と緑茶で舌の汚れを取り除く

——前回、「舌苔はにおい菌のえさになるので悪臭を放つ」ということでした。ではその舌苔をセルフケアするにはどのような方法があるのでしょうか。

江上医師:まず、舌苔を除去するブラシなど、グッズを使わずにケアする方法を2つ紹介しましょう。

(1)舌の表面を上あごにつけてこする

いつでもどこででもできる方法です。だ液には、抗菌、消臭作用がありますが、舌はいつもはだ液で潤っているので、その作用で汚れを除去することができます。日中、口臭が気になったときにさっと行ってみてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.