くらし情報『作詞家・及川眠子『猫から目線』が発売。未発表の詩を特別公開』

2020年8月20日 18:45

作詞家・及川眠子『猫から目線』が発売。未発表の詩を特別公開

目次

・しっぽを持った哲学者たち
・ウートピ読者のために、特別な”猫詩”を公開
・声優・緒方恵美さんによる朗読もYouTubeで公開!
作詞家・及川眠子『猫から目線』が発売。未発表の詩を特別公開

Winkの「淋しい熱帯魚」やアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」などで知られる作詞家の及川眠子(おいかわ・ねこ)さんと、猫写真家の沖昌之(おき・まさゆき)さんによる、“猫詩”写真集『猫から目線』(KKベストセラーズ)が刊行されました。

しっぽを持った哲学者たち

これまでに4匹の猫を飼い、現在も猫と暮らしている及川さん。「人間のやっていることを眺めながら、猫たちはいったいどんな思いを抱いているのか」と思ったことが、今回“猫詩”を書くきっかけになったそう。

特別に本編から2篇、そしてウートピのために書き下ろしていただいた作品を紹介します。

生きる
昨日は風にさらわれ
生きる
明日は闇の向こう
名前もなくあてもなく
ただ空を見上げるだけの日々でも
生きろ
今日の星はとても綺麗だ

(写真・詩『猫から目線』より)

ごめんね、うちでは飼えないのって
あの子は泣きながら背を向ける
いいんだよ気にしないで
優しさは充分に伝わってるよ
生き延びるか死んじゃうか
それは私の運だもの
知ってるの、生半可に受け入れるよりも
背を向ける方が苦しいってことを

(写真・詩『猫から目線』より)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.