くらし情報『コロナショックにも強い? いまつみたて投資に注目が集まる真の理由 』

2020年8月26日 20:45

コロナショックにも強い? いまつみたて投資に注目が集まる真の理由 

目次

・新規口座開設が増加した理由
・つみたてるのは投資信託
・ドルコスト平均法は下落局面に強い
・つみたて投資の2つのメリット
コロナショックにも強い? いまつみたて投資に注目が集まる真の理由 

新型コロナウイルスの感染拡大で先行き不透明な中、投資に関心を示す人が増えていると言います。中でも関心が高いのが投資信託などのつみたてによる投資。そこで今回は7月に出版された『いちばんカンタンつみたて投資の教科書』(あさ出版)の著者で経済アナリストの森永康平(もりなが・こうへい)さんに、安全に資産を築いていくためのポイントを紹介してもらいました!

新規口座開設が増加した理由

日本のみならず、世界を襲った新型コロナウイルス。

緊急事態宣言、そして外出自粛要請が出る中で、証券口座の新規開設が相次いだと言
われています。

主に個人投資家が利用しているネット証券の大手5社の新規口座開設数を見てみると、新型コロナウイルスの感染が拡大する前の2020年1月に比べると、3月は2.2倍の31万もの口座が開設されました。

「家にいても暇だから」という理由で証券口座を開設した人もいるかと思いますが、「仕事が少なくなってしまい、給与だけでは不安」「今後、何が起きるか分からないから、将来に備えておこうと考えた」などの声も。

理由はさまざまですが、資産運用の必要性を感じ始めた人が多いのは確かなようです。

かつては、「郵便貯金(現在のゆうちょ銀行)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.