くらし情報『免疫の実態のひとつ…白血球が病原体を食べる仕組みとは?【専門医に聞くやさしい免疫学】』

2020年8月31日 21:00

免疫の実態のひとつ…白血球が病原体を食べる仕組みとは?【専門医に聞くやさしい免疫学】

した「マクロファージ」です。

免疫を担う役者とはつまり免疫細胞のことですが、たくさん登場するので混乱するかもしれません。好中球とマクロファージは、外敵である細菌やウイルスなどを捕まえて自分の細胞内に取り込み、消化して分解します。これを「食べる」と表現しています。

好中球(イメージ)

マクロファージ(イメージ)

「食細胞」は全身をパトロールしている

——それで「外敵を食べる食細胞」と呼ばれるのですね。好中球やマクロファージは白血球の成分ということなので、血液中にいるのでしょうか。

遠山医師:血液やリンパ液に存在し、全身を移動して体内を常にパトロールしています。
外敵が侵入すると、食細胞がすぐ~数時間の間に発動し、主にリンパ節で食作用を行って体
を守ります。リンパ液やリンパ節については、あとの回で詳しく説明します。食細胞は、街を守る警察官や、保安官によく例えられます。

——好中球とマクロファージは、ともに病原体を食べる細胞ということですが、どう違うのでしょうか。

遠山医師:炎症や感染の現場へいち早く集まって病原体を食べるのは、好中球です。好中球は白血球の中で最も数が多いのですが、食作用の際に自分も死ぬことがあって寿命は2・3日です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.