くらし情報『まずは自分の感覚を信じてあげる。「自分を大事にする」ってどんなこと?【みたらし加奈】』

2020年9月22日 20:00

まずは自分の感覚を信じてあげる。「自分を大事にする」ってどんなこと?【みたらし加奈】

目の前のクライエント(心理療法を受ける人)がカウンセラーを前にして、過去の話や自分の話をしていく中で「私はいま傷ついた」「いますごく苦しい」という感情をいまこの場で体感するのがカウンセリングの醍醐味(だいごみ)というか目的でもあるんです。だから「いまここ」の自分の感情をしっかり捉えてあげることかなと思います。

——それが治療になるんですね。

みたらし:そうです。そうすると、おのずと他人の感情も大事になってきます。例えば、友達が笑いながら傷ついた体験を話していたとして、自分もそういうタイプだったら一緒に笑って終わっちゃうところを、もし自分の傷つきを大事にできるようになったら、「でも心は痛くない?」と問いかけたり「本当は傷ついたんじゃないの?私は味方だよ」という言葉を掛けられるようになる。自分の感情を大切にすると、今度は他の人の感情を大切にしてあげられるようになる。そんな連鎖を含めて、自分を大事にすることって大切だなと思います。

他者への想像力を育むために必要なこと

——みたらしさんは『マインドトーク』の中で「想像力を働かせて相手を見ること」「自分の『普通』を相手に押し付けないこと」を繰り返し述べられています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.