くらし情報『タマネギ、ニンニク…口臭が発生しやすい食材は?【歯学博士が教える】』

2020年9月24日 22:00

タマネギ、ニンニク…口臭が発生しやすい食材は?【歯学博士が教える】

歯磨きやうがい、口臭ケアグッズなどでも容易に解消ができないわけです」

タマネギやネギ、ニンニクは、においの成分が口の中だけではなく体内をめぐるということで口臭にとっては難敵と言えそうです。

口臭を予防する食材は?

では、口臭を予防する食材はあるのでしょうか。江上医師は次のものを挙げます。

「食物繊維が豊富なレタスやキャベツ、ゴボウなど、だ液の分泌を促す酸っぱい梅干しやレモンなど、抗菌作用がある栄養素のカテキンやタンニンを含むリンゴやぶどう、柿などがあります。口内の汚れを取り除く、また、だ液の分泌量を増やす食材を選ぶとよいでしょう。

さらに、汗をかく時期は、たっぷりの水とミネラルをとって新陳代謝を活発にすることも口臭の改善につながります」

聞き手によるまとめ

粉状になって口に残るものや、発酵食品、糖類、乳製品、香辛料などは口臭を出しやすいということ、また、タマネギやニンニクのように、におい成分が体内をめぐって口臭となる食材もあること、口臭を予防するのは食物繊維が豊富な野菜や酸っぱいもの、それに水分やミネラルの補給も有用だということです。日ごろの食事を見直し、マスクにつかない程度に口臭を防ぎたいものです。

次回・第4回では、お酒と口臭について紹介します。

(構成・取材・文藤原 椋/ユンブル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.