くらし情報『JJ(熟女)もおじさんも、自由に生きるために【アルテイシア・斉藤章佳】』

2020年9月29日 19:45

JJ(熟女)もおじさんも、自由に生きるために【アルテイシア・斉藤章佳】

目次

・歳をとったら生きづらくなるなんてイヤだ
・沖縄で一文無しになり…
・Feelを言語化することで、弱さと向き合い続ける
JJ(熟女)もおじさんも、自由に生きるために【アルテイシア・斉藤章佳】

連載「○○と言われて微妙な気持ちになる私」を更新するたびに、「あるある!」と共感の嵐を巻き起こす、作家のアルテイシアさんとジェンダー問題について考える特別企画。

精神保健福祉士・社会福祉士で、著書『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)『小児性愛という病―それは、愛ではない』(ブックマン社)などで男性の“加害者性”について深く考察してきた斉藤章佳さんをゲストにお招きしています。最終回では、「おじさんも生きづらいのでは?」という仮説をもとに、おふたりの意見を伺いました。男性も女性も生きやすい社会のために私たちができることとは——?

歳をとったら生きづらくなるなんてイヤだ

——今回は、男性が性差別の問題を「自分ごと」として捉えられないままおじさんになったとき、男性自身も生きづらくなってしまうのではないか?という仮説を立てました。おばさんを「JJ(熟女)」と称し、歳を取ったことで生きるのがラクになったと言うアルテイシアさんは、どう考えますか。

アルテイシアさん(以下、アル):新刊『離婚しそうな私が結婚を続けている29の理由』(幻冬舎)にも書きましたが、私は親が遺体で発見されがちな女なんですよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.