くらし情報『逆流性食道炎が悪化するとどうなる? 軽症の場合は?【消化器病専門医に聞く】』

2020年9月30日 20:45

逆流性食道炎が悪化するとどうなる? 軽症の場合は?【消化器病専門医に聞く】

目次

・逆流性食道炎が重症になると、食道が狭くなり、出血も
・「バレット食道」が生じると食道がんの危険性も
・自然に治ることや、軽症では治療不要の場合も
・聞き手によるまとめ
逆流性食道炎が悪化するとどうなる? 軽症の場合は?【消化器病専門医に聞く】

「逆流性食道炎」で悩む人がとても増えていると聞きます。そこでその実態や症状、特徴について、兵庫医科大学病院の副院長で消化器病指導医・専門医、内科指導医の三輪洋人(みわ・ひろと)医師に連載でお尋ねしています。これまでに次の記事を配信しています。

【第1回】燃えるような胸やけ、重苦しい胃痛…逆流性食道炎の症状
【第2回】太りぎみ、食べ過ぎ、猫背…逆流性食道炎の原因を消化器病専門医に聞く
【第3回】炎症がないのに痛みがある!? 「非びらん性胃食道逆流症」とは
【第4回】逆流性食道炎で心臓発作!? 何が起こっているのか消化器病専門医に聞きました

ひき続き今回は、逆流性食道炎が重症や軽症のときはどういったことになるのかについて伺います。

三輪洋人医師

逆流性食道炎が重症になると、食道が狭くなり、出血も

——逆流性食道炎は、胃酸が胃から食道やのどへと逆流することが原因で胸やけや口にすっぱいものが上がってくる呑酸(どんさん)、胃痛などの症状が現れるということでした。近ごろ耳にするのは、重症だと違う病気に発展することがあるということですが、どうなるのでしょうか。

三輪医師:逆流性食道炎の程度は、問診で患者さんが訴えられる症状を聞き取り、また、内視鏡検査を行って、食道の炎症がどの程度進んでいるかを確認します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.