くらし情報『「3年働いたらいい人見つけて辞めよう」“スッチー”だった私が昭和おじさん社会について書いている理由』

2020年10月8日 20:00

「3年働いたらいい人見つけて辞めよう」“スッチー”だった私が昭和おじさん社会について書いている理由

いまだにこうやって私がコラムで書いていることについて「何書いてんだ」と批判してくる人もいますし、昭和おじさん社会はものすごく厚い壁なんだと思います。

ただ、一方でその壁も一枚岩ではないんですよね。その壁の中にも新しいことをやろうと新しい風を入れようとする人や、まだまだ不利な立場に置かれることが多い女性を引き上げようとしてくれる人はいるんです。そんな人たちに傘を貸してもらったら、自分が精一杯頑張るしかないですよね。

今回のコロナ禍はバブルの時以上に世の中が変わるきっかけになったと思います。仕事と家庭と健康の3つの幸せのボールをジャグリングのように回していくのが実は人生においての幸せなんじゃないかと気づいた人たちは多いと思います。価値観を変えざるを得ないし、変わり始めていると思います。変わり始めている芽をつぶさないようにして昭和おじさん社会の壁を壊していければと思います。

(聞き手:ウートピ編集部・堀池沙知子)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.