くらし情報『これからの社会に「行動する傍観者」が必要な理由【アルテイシア・太田啓子】』

2020年10月15日 14:45

これからの社会に「行動する傍観者」が必要な理由【アルテイシア・太田啓子】

という競争心が湧くのか……。

アル:女性が本当は働きたいのに専業主婦をしていたり、パートでしか働けないのも、子育てしながら正社員として働き続けられる環境が整ってないからですよね。出産してからの再就職も難しい社会だし。

女性が経済的に自立するための壁は、社会の仕組みが原因なのに、「女は男をATM扱いしている」とか言う男性がいるじゃないですか。むしろ「金を稼ぐこと=男の価値」だと思い込んでいる彼らが、自分をATM扱いしてるんですよ。

太田:自分の存在価値を経済力に紐付けるような発想は、とても危ういですよ。もし思わぬことで失業するなど、収入が途絶えてしまった場合、アイデンティティクライシスに陥ってしまう可能性が高い。そしてそういう男性は、専業主夫を選んだ男性を下に見るような傾向もある。

自死を選んだ「浪速のトランプ」

画像はイメージです。

アル:私の父親も「男は稼いでなんぼ」という「浪速のトランプ」みたいなおっさんでした。だから事業に失敗した時に「自分は男として失格だ」と絶望して、「男は強くなければ」という呪いから、誰にも助けを求められず、自殺を選んだのだと思います。

太田:自分の価値が認められなくなってしまったんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.