くらし情報『これからの社会に「行動する傍観者」が必要な理由【アルテイシア・太田啓子】』

2020年10月15日 14:45

これからの社会に「行動する傍観者」が必要な理由【アルテイシア・太田啓子】

「妻は産後うつが酷くて、メンタルの調子が悪いからおかしなことを言っているんだ、そうに違いない」なんて一人で納得していたり、本当に厄介ですよ。

「行動する傍観者」の存在が性暴力を減らすきっかけになる

——男性がいつまでも「有害な男らしさ」を内包し続けた結果、その矛先は女性に向かい、性暴力につながっていくという危険も出てきます。最近アルテイシアさんは、新しく活動を始められたそうですね。

アル:そうなんです。性教育YouYuberのシオリーヌさんと一緒に「#性暴力を見過ごさない」「#ActiveBystander」という動画を公開しました。

太田:すごく楽しみにしていたんです、私。

アル:ActiveBystanderは、「行動する傍観者」という意味なんです。性加害の場面にでくわしたとき、たとえその場で加害者を捕まえられなくても、「助けてくれる人がいる」という社会に対する信頼があれば、被害者は安心して助けを求められる。そのために行動を起こそうというメッセージを、動画を通して伝えられたらいいなと思ってます。現状は性被害に遭っても誰にも相談できず、支援につながれない人が多いですよね。

太田:助けを求めたところで二次加害に遭うかもしれないと考えたら、なかなか言えないですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.