くらし情報『これからの社会に「行動する傍観者」が必要な理由【アルテイシア・太田啓子】』

2020年10月15日 14:45

これからの社会に「行動する傍観者」が必要な理由【アルテイシア・太田啓子】

アル:そうなんです。加害者を擁護したり性暴力をエロネタ扱いしたり、ハニートラップだの女性に隙があっただのと被害者を責めたり。そんな状況を変えていかない限り性暴力って減らないし、被害を受けても泣き寝入りするしかない。そこに対して「加害者でも被害者でもない、傍観者として何ができるのか?」と訴えていきたいです。

太田:すごく正しいアプローチだと思う。性暴力的な場面に出くわした時、何か行動したいと思う人はいると思うけど、方法を知らないと人ってなかなか行動はできないですから。些細なことでも案外助けにつながるということを、具体的に知らせる活動って重要ですよ。

自己責任ではどうにもならない数々の特権

アル:日常的なセクハラシーンでも、傍観者の行動はとても大事だと思っていて。女友達から聞いたエピソードなんだけど、おじさん上司が若手の女性社員に「今夜も旦那と子作りするのか?」と聞いたらしいんですね。

太田:うわ、最低だな……。

アル:21世紀によく言えたな?という話なんだけど、その場にいた男性の先輩が「それってセクハラですよ」と注意してくれたそうなんです。上司は途端に気まずい顔になり、それ以降その手の発言をしなくなった、と。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.