くらし情報『「自分が自分じゃなくなるってそんなに悪いこと?」鬱で確変して分かったこと【こだま】』

2020年10月20日 21:00

「自分が自分じゃなくなるってそんなに悪いこと?」鬱で確変して分かったこと【こだま】

鬱に背中を押されて今まで取り繕っていた部分がなくなりました。

——どうですか?取り繕わなくなって。

こだま:やっぱり楽です。とはいえ夜中に後悔したりもするんですけれど。昨日も爪切男さんという数年来の同人誌仲間に取材してもらったんですが、爆発するようにひどいことを言ってしまいました。

——鬱病に押されてライブにも行ったそうですね。「自分が自分じゃなくなるってそんな悪いことだろうか」という一文にはっとしました。よく「ありのまま」や「自分らしく」と言われて、確かに大事なことだとは思うのですが、同時に自分のモードが変わったら変わったでそれを楽しめばいいじゃないかというこだまさんのスタンスがいいなあと思いました。

こだま:普段の自分であればライブも「ちょっと遠いからやめておこうかな」とか「果たして自分がみんなと同じ雰囲気で楽しめるのだろうか?」と不安が湧いてきて行かなかったと思うのですが、自分じゃない自分になってから「行きたいんだし行っちゃえ」っていう勢いがついたんですよね。

鬱で家にこもる人もいるかもしれないのですが、私の場合は外に出るようになった。その場の気持ちで衝動的に動くようになったんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.