くらし情報『いま注目される自然免疫の力…何をどうすれば高まる?【専門医に聞くやさしい免疫学】』

2020年10月21日 21:00

いま注目される自然免疫の力…何をどうすれば高まる?【専門医に聞くやさしい免疫学】

自然免疫は、いわゆる原始的な感染防御システムととらえられてきましたが、実はそうではなく、病原体を特異的に認識して獲得免疫を誘導している、これこそが免疫の主役ではないか、と考えられるようになってきています。

また日本人の研究者が、自然免疫と獲得免疫をつなぐ「トル様(よう)受容体」(TLR)という、病原体の特徴的な構造を見分けるセンサー(受容体)が重要な働きをしていることを発見し、それまでの免疫学の常識をくつがえす成果をあげています。

そこでいまでは、免疫とは何かというと、「自然免疫と獲得免疫、また皮膚・粘膜免疫と全身免疫、それらが互いに連携して協力し合うネットワーク全体を指す」ようになっています。

ただし免疫は今後も新発見が見込まれている分野であり、将来的にどんどん詳細が解明され、発展していくと考えられます。

自然免疫を担う皮膚、粘膜、白血球の力に注目

——免疫システムの第1段階、第2段階の「自然免疫」の力は、皮膚や粘膜、白血球の力によるのでしょうか。

遠山医師:皮膚や粘膜、白血球の力は、免疫のありようと比例すると言えます。ただし、自然免疫であるがゆえに、それらの力は加齢や生活習慣の悪化で低下していきます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.