くらし情報『私って“いい顔”しすぎ? 愛される八方美人と嫌われる八方美人の違い【DJあおい】』

2020年11月13日 21:00

私って“いい顔”しすぎ? 愛される八方美人と嫌われる八方美人の違い【DJあおい】

目次

・愛される八方美人と嫌われる八方美人の違い
・「自主性と協調性と品性」を養って
私って“いい顔”しすぎ? 愛される八方美人と嫌われる八方美人の違い【DJあおい】


【今週のボヤき】

仕事でいろいろな部署同士や人同士をつなぐハブのようなポジションにいるのですが、時々「八方美人だね」「人によって見せる表情がまったく違う」と言われます。それは私も自覚があります。

プライベートでの付き合いでもそうなのですが、昔から相手を観察して「この人にはこういう言い方のほうがいいな」と思ったらその人が受け入れやすい言葉や言い方にしています。相手に媚(こ)びたり合わせたりしているというわけでもなくて、あくまでもその人にとって分かりやすい言い方にして使い分けているイメージです。無理してそうしているかというとそんなことはなくて、ストレスはまったくないし、振り返ってみると人付き合いで苦労したことはあまりありません。

とはいえ冒頭のようなことを言われると「いろんな人にいい顔をしている八方美人なのかな?」と気になってしまいます。あおいさんはどう思われますか?

愛される八方美人と嫌われる八方美人の違い

誰とでも「話」ができる人は、愛される八方美人です。
誰とでも「同調」してしまう人は、嫌われる八方美人です。

どうでもいいことは他人に合わせ、大事なことはキッチリ主張できる人は、愛される八方美人です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.