くらし情報『歯が痛いのは肩こりのせい? あごを脱力してほぐす方法は?【専門家が教える】』

2020年11月13日 21:45

歯が痛いのは肩こりのせい? あごを脱力してほぐす方法は?【専門家が教える】

などがあります。

これらの筋肉と筋膜の緊張が原因である場合、歯は1本だけではなく複数が痛む、また、ときによって痛む歯が変わるということもあります」

筆者も同じことを歯科で言われたことがあり、鎮痛剤でだましだまし過ごしていたところ、「鎮痛剤はそのときだけ痛みを解消しますが、やがてまた同じ痛みが出て慢性的に悩まされることになりかねません。かなりつらいと思います。

思いあたる場合は口腔外科を受診しましょう。咀嚼筋や肩、背中の筋肉の過度な緊張を改善する必要があります。治療には、薬の服用やマウスピースの使用、理学療法であるあごと口腔、首、肩などのストレッチや軽い運動、姿勢矯正、低周波や超音波治療、温熱療法などがあります。また、患者さんご自身が、食いしばりを避ける、姿勢を正す、パソコンやスマホに集中しすぎない、軽い運動やストレッチをするなども重要です」と江上医師。

あごと口の周囲のこりに着目してリンパ液の巡りを促す

そこで、こうした痛みを自分でケアする方法のひとつとして、江上歯科口腔ケア研究室室長で「さとう式リンパケア」のインストラクターでもある江上浩子さんに、あごや顔、肩から腰、足まで全身のこりの改善法を連載にて教えてもらいましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.