くらし情報『水川あさみさんに、夫婦について聞いてみた。「みんなそれぞれ、変でいい」 映画『滑走路』』

2020年11月20日 20:45

水川あさみさんに、夫婦について聞いてみた。「みんなそれぞれ、変でいい」 映画『滑走路』

目次

・「こうあるべき」なんてない
・もっと自分本位に物事をとらえてもいい
水川あさみさんに、夫婦について聞いてみた。「みんなそれぞれ、変でいい」 映画『滑走路』

キャリア、人間関係、自分、家族……現代を生きる誰もが、さまざまな不安や葛藤を抱えています。11月20日に全国公開される映画『滑走路』(大庭功睦監督)は、非正規雇用やいじめ、過労といった問題と向き合いながら、希望を求めてもがく人々の姿を描いた物語。

水川あさみさんは、将来のキャリアと夫婦関係に悩む切り絵作家・翠を演じています。

インタビューの第2回のテーマは、夫婦や女性の生き方について。作品を通じてさまざまな夫婦や女性を演じてきた水川さんに、自身のことも振り返りながら、理想の在り方を伺いました。

劇中より

「こうあるべき」なんてない

——本作では、水川さん演じる切り絵作家の翠と、高校の美術教師である夫・拓己(水橋研二)との、微妙な関係性も描かれています。9月に公開された『喜劇 愛妻物語』で、水川さんは濱田岳さんと倦怠期の夫婦を演じられました。さまざまな作品を通じて多様な夫婦のかたちを演じていくなかで、ご自身が「夫婦ってなんだろう」と考えることはありますか?

水川あさみさん(以下、水川):夫婦を扱った作品が続いたこともあって、最近こうやってそんな話題になったりもしますけど……夫婦って、やっぱりすごく面白いなと思うんですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.