くらし情報『「育てたいと願う大人もいる」妊娠・育児に悩む親に知ってほしいこと』

2020年11月25日 20:45

「育てたいと願う大人もいる」妊娠・育児に悩む親に知ってほしいこと

手放さざるをえなかった事情がある

——そうなんですね……。

池田:保護施設としての乳児院は絶対に必要ですが、乳児院と連携した乳児里親制度とかがあるといいんですけど……。海外では、本当に育てられないとわかったら、スタンバイしている里親がすぐに家庭で一対一で預かってくれるそうなんです。それが日本ではほぼ行われておらず、とりあえずの措置を乳児院にまかせて、そのまま数年経っちゃうケースが多いんですよね。

——日本って、家族のことになると途端に「当たり前」から逸脱できなくなりますよね……(ため息)。

池田:「普通の家族」っていう、幻想のようなものに当てはまった人たちだけに社会が機能するようにできていますよね。そのほかを選択することに批判が多すぎる。たとえば、どうしても育てることができず、養子に出そうと思っている方がいたとしても、「産んだら育てなさいよ」という言葉を投げかける人がいて、相談しにくくなっています。——子どもを手放すいろんな事情があって、どうしても自分では育てられないときに、幸せに生きてほしいという願いを込めて養子に出す。それを「子どもを捨てた女」みたいな感じで言われるのはおかしいですよね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.