くらし情報『ウイルス、細菌、真菌の違い、知ってる?【専門医に聞くやさしい免疫学】』

2020年11月24日 21:30

ウイルス、細菌、真菌の違い、知ってる?【専門医に聞くやさしい免疫学】

そして免疫とは、これらの病原体、つまりヒトにとっての外敵を撃退するシステムです。

ヒトに感染症をもたらす病原体には、ウイルス、細菌、真菌(カビ)があり、次のように、それぞれ大きさや特徴が異なります。

<ウイルス>

新型コロナウイルス、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、肝炎ウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス、コロナウイルス、麻疹ウイルス、風疹ウイルス、ヘルペスウイルス、HIVなど

大きさは0.02~0.1マイクロメートル(µm)。1マイクロメートルとは1ミリの1,000分の1で、その1,000分の1が1ナノメートル。つまりウイルスは20~100ナノメートルです。想像がつきにくいと思われますが、次に紹介する細菌よりも一桁は小さい、つまり極小だとイメージしてください。一般の光学顕微鏡では観察できず、電子顕微鏡で見ることができます。

ウイルスとはタンパク質の殻(カプシド)の中に遺伝情報を記録した核酸(DNAかRNA)が入っている微粒子です。細胞ではないので自分で増殖することはできませんが、ヒトの細胞の中に侵入して増殖していきます。次回に詳しく話しますが、ウイルスはこの特性からして「生物」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.