くらし情報『ウイルス、細菌、真菌の違い、知ってる?【専門医に聞くやさしい免疫学】』

2020年11月24日 21:30

ウイルス、細菌、真菌の違い、知ってる?【専門医に聞くやさしい免疫学】

ウイルスは細菌よりもとても小さくて、自分で増殖することができずにヒトの細胞に入り込んで増殖すること、一方、細菌は自分で増殖する生物であり、細胞への侵入や細胞に毒素を出して傷つけること、真菌はヒトの細胞に似た構造で、ヒトの細胞に定着して育つということです。

次回・第10回は、ウイルス、細菌、真菌はそれぞれ、抗生物質(抗菌剤)は効くのかなどについて紹介します。

■これまでの連載を読む

【第1回】いまさら聞けない…「免疫」って何のこと? 皮膚が外敵をバリア
【第2回】鼻水、唾液、胃液…免疫として「粘膜」が体を守っている
【第3回】白血球が病原体を食べる仕組みとは?
【第4回】感染した細胞やがん細胞を退治! ナチュラルキラー細胞とは
【第5回】 白血球の細胞がチームプレーで闘う…「獲得免疫」の力とは
【第6回】免疫の働き…同じ感染症に二度はかからない「二度なし」とは?
【第7回】いま注目される自然免疫の力…何をどうすれば高まる?
【第8回】免疫力を高める最大の方法は「ワクチン」の接種

(構成・取材・文品川 緑/ユンブル)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.