くらし情報『リンパケアで肩・首・あごのこり改善…カギは「耳たぶ回し」【専門家が教える】』

2020年12月3日 20:00

リンパケアで肩・首・あごのこり改善…カギは「耳たぶ回し」【専門家が教える】

目次

・耳たぶをそっと回してあごからリンパを流す
・風や羽毛が頬をなでるような微弱な力で
・聞き手によるまとめ
リンパケアで肩・首・あごのこり改善…カギは「耳たぶ回し」【専門家が教える】

リモートワーク、デスクワークで座りっぱなし、パソコンやスマホでの作業が続き、「肩こり、首こりがひどく、歯も痛い」といった読者のお悩みはつきません。そこでリンパケアによるこりの改善法を連載でご紹介しています。

「第1回歯が痛いのは肩こりのせい? あごを脱力してほぐす方法は?」では、江上歯科(大阪市北区)の江上一郎院長に筋肉と筋膜のダメージが原因で起こる歯痛について解説してもらい、また、同院の口腔ケア研究室室長で「さとう式リンパケア」(歯科医の佐藤青児氏が考案したメソッド。第1回参照)のインストラクターでもある江上浩子さんに、リンパケアの目的やセルフケア入門編として「あごの脱力法」について聞きました。

ひき続き今回・第2回は、そのあごの脱力法も含めた「耳たぶ回しケア」という誰もがいつでも自分でできる、肩や首、あごのこりのリンパセルフケアを教えてもらいましょう。

耳たぶをそっと回してあごからリンパを流す

はじめに江上さんは「耳たぶ回しケア」について、こう説明をします。

「耳たぶのすぐ近くには顎(がく)関節があり、口や口腔とともに咀嚼筋(そしゃくきん)の動きと連動しています。肩や首がこっている人ほど、耳たぶを後ろ側からおや指でふわっと持ち上げて口をパクパクと開け閉めするだけで、あごから首、肩の筋肉がつながっていることがわかるでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.