くらし情報『リンパケアで肩・首・あごのこり改善…カギは「耳たぶ回し」【専門家が教える】』

2020年12月3日 20:00

リンパケアで肩・首・あごのこり改善…カギは「耳たぶ回し」【専門家が教える】

そこで、耳たぶを回して下あごを支えている筋肉を、あごをゆらして咀嚼(そしゃく)筋を、腕回しで大胸筋(だいきょうきん)をゆるめて、口腔(こうくう)と胸腔(きょうくう)を広げていきます」

次にその手順を紹介しましょう。

<耳たぶ回し>

(1)両方の耳たぶの付け根の後ろから、おや指でふわっと持ち上げるようにし、なか指で前から軽くつまみます。このまま、ごく弱い力(後述)で1・2ミリほど円を描くような意識で「後ろ側」に4回、回します。耳たぶをひっぱったり、強く回したりすると逆に咀嚼筋が緊張するのでしてはいけません。

画像提供:江上歯科転載禁止

画像提供:江上歯科転載禁止

(2)両方の手のひらを頬に、指先がエラの部分にそっと触れるようにしてあて、頬骨から下あごまで産毛(うぶげ)をなでるように、ごく弱い力で4回、なでおろします。指先だけを使うのではなく、手のひら全体の「面」を使ってなでましょう。

画像提供:江上歯科転載禁止

(3)(1)の耳たぶ回し(4回)を再度行います。

<あごゆらゆら>第1回で紹介した「あご脱力法」をここで行います。

(4)下あごの力を抜いたまま、下あごをそっと前に出して後に引っ込める運動を前後の往復で4回くり返します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.