くらし情報『リンパケアで肩・首・あごのこり改善…カギは「耳たぶ回し」【専門家が教える】』

2020年12月3日 20:00

リンパケアで肩・首・あごのこり改善…カギは「耳たぶ回し」【専門家が教える】

の流れを促します。時間がないときなどは、『耳たぶ回し』『あごゆらゆら』『腕回し』のどれかだけ、あるいは2つを組み合わせるなど、しやすいように行ってください」(江上さん)

風や羽毛が頬をなでるような微弱な力で

江上さんはリンパケアの実践にあたり、圧のかけかた、手かげんの具合や実践回数、タイミングについて、次のように説明を加えます。

・絶対に強い力でもんだり、押したり、圧をかけたりしない。
手でケアする際には「風や羽毛が頬をなでる」ような微弱な力をイメージしてください。頬や肩を手でもんだり指圧したりするのではなく、手のひらでそっとなでてから離すと、その部分が少し温かくなったような余韻が残る、それが理想の刺激です。・一日の間でいつ、何回行ってもOK。
がんばってしんどくなるまで行わないで、ゆるく心地よい感覚を得られる程度にしましょう。「緊張がゆるんだ状態」が理想で、ゆるゆる・だらだらと自分に言い聞かせるように行いましょう。

・服の上からなでてもケアは有用。
リンパケアとは素肌に手で強めにこっている部分をマッサージするとイメージされる方が多いのですが、私が紹介する方法は、いつでもどこでも、マスクをしたまま、デスクワーク中でも、とくに『あごゆらゆら』は通勤電車でも実践できます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.