くらし情報『アップデートできてないのは自分だった… 小西美穂が50歳で“学生デビュー”した理由』

2020年12月12日 12:00

アップデートできてないのは自分だった… 小西美穂が50歳で“学生デビュー”した理由

目次

・50歳、意を決して大学院へ
・仕事との両立は正直、ツライけれど…
・学ぶ喜びが苦しさを凌駕する
アップデートできてないのは自分だった… 小西美穂が50歳で“学生デビュー”した理由

日本テレビの解説委員・キャスターで、現在は夕方の報道番組『news every.』(月~金曜午後3時50分~)に出演中の小西美穂さんの新刊『報道キャスターが現場で学んだ42の仕事術』(光文社)が12月9日に発売されました。

同書は日刊ゲンダイの連載「キャスター小⻄美穂 仕事のルール50」をもとに、「withコロナの視点」を加えて再構成。

著名人など1700人超のインタビュー実績を持つ小西さんが42の仕事術を提言しているほか、コロナ関連のニュースを伝え続けてきた立場として伝え方やコミュニケーションの取り方、働き方などについて得た「新しい気づき」もつづっています。

そこで、ウートピでは同書の中から、今日から実践できる小西さん流仕事術と50歳にして大学院に入学したエピソードを抜粋して掲載します。

50歳、意を決して大学院へ

新型コロナウイルスの影響で、2020年4月からの新学期の授業開始が延期になり、影響を受けている学生さんたちが大勢いますね。実は私もそのひとり。2019年秋から大学院に通い、学生をしています。

50歳を迎え、「インプットしたい」「自分の領域から出たい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.