くらし情報『寝つきが悪いと、睡眠の質も悪い? いまの自分の睡眠を知る4つの質問』

2020年12月26日 21:45

寝つきが悪いと、睡眠の質も悪い? いまの自分の睡眠を知る4つの質問

その際の注意点は、専門家の知識によってアドバイスに差が出るということ。たとえば、睡眠に明るくない医師だと、「しっかり眠れば大丈夫。睡眠薬を出しておきますね」と言われて眠れない悩みを十分に相談しづらいこともあります。睡眠薬を飲んでも症状や悩みが改善しない場合は、「睡眠外来」を受診することをおすすめします。

【質問3】睡眠を改善するために、まずは何をしたらいいですか?

画像出典:『1時間多く眠る! 睡眠負債解消法 日中の眠気は身体のSOS、能力を半減させている!』(さくら舎)

A:「睡眠ダイアリー」をつけて、自分の睡眠リズムを把握しましょう。

睡眠ダイアリーとは、睡眠の時間軸を中心にした睡眠記録です。就寝時間や起床時間はもちろん、昼寝や眠気に襲われた時間、食事や入浴時間など、睡眠にかかわることを記録します。

かなり面倒な作業ではありますが、つけた人の多くは睡眠を改善するためのヒントを発見しています。ぼーっとしている時間を含めると眠気に襲われている時間が多いとか、早く寝すぎているなど、自分の睡眠リズムに気づきます。

まずは1週間、記録してみましょう。睡眠を意識するのは調子が悪いときだと思いますが、継続してダイアリーをつけることで、調子が悪い日ばかりではないことにも気づくはず。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.