くらし情報『すぐ取り入れられる!「よい睡眠」のための4つの質問』

2020年12月27日 21:01

すぐ取り入れられる!「よい睡眠」のための4つの質問

と抹消時計(内臓)にずれが生じ、睡眠の質の低下につながります。

【質問4】睡眠トラッキングの注意点を教えてください。

A:情報収集ツールの1つと捉え、結果に一喜一憂しないようにしましょう。

最近、スマートウォッチやスマホのアプリなどで睡眠を記録する、「睡眠トラッキング」を利用する人が増えています。睡眠に対する意識が高まっている証拠なので、とてもいい傾向だと思います。

ただ、使い方を間違えるとストレスにつながってしまうのが文明の利器を用いる注意点。睡眠トラッキングは、あくまで情報収集ツールの1つであることを認識してください。自動的な記録だけに頼らず、睡眠ダイアリーなど主観的な感覚と突き合わせるとより有効に活用できるでしょう。

また、睡眠は1日1日独立しているわけではありません。心身の体調によって、睡眠の質にもばらつきが生じます。日々の結果に一喜一憂せず、1週間くらいの単位で判断するようにしましょう。そして、情報を得た上で、どういった改善方法があるのか、その中でも自分にフィットし、継続できる方法はどれなのかを考え、実践することで、はじめて睡眠は改善されます。

現在、コロナの影響で在宅勤務が増え、通勤時間がなくなったり短縮になったり、時間に余裕ができた人は多いと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.