くらし情報『「いい嫁はさっさとやめよう」 義母とのサステナブルな付き合い方』

2021年1月2日 15:01

「いい嫁はさっさとやめよう」 義母とのサステナブルな付き合い方

目次

・「家族なんだから分かり合える」は幻想
・「一生分かり合えない」と思う相手とは話しても無駄
「いい嫁はさっさとやめよう」 義母とのサステナブルな付き合い方

合鍵で勝手に自宅に上がり込んで六花亭のバターサンドを盗み食いする、市役所に行ったかと思えばマイナンバーを7の連番にするよう要求する……。

大阪在住の主婦・ばたこさんとあまりにも強烈な義母「くそばばあ」との泥仕合の日々をユーモアたっぷりにつづった『お義母さん、ちょっと黙ってください―くそばばあと私の泥仕合な日々―』(新潮社)が10月に発売され、情報番組で取り上げられるなど話題を呼んでいます。

夫やパートナーは選べても義実家の家族や親戚は選べない……年末年始などの帰省シーズンのたびに義実家との付き合いに悩んでいる人も少なくないのでは?

厄介な人や義実家との付き合い方についてばたこさんに伺いました。前後編。

「家族なんだから分かり合える」は幻想

——本では義母だけではなくばたこさんが中学生のときに母子家庭になった話も書かれていました。「小学生の頃にはすでに父と縁を切りたいと思っていた」とありますが、本にも書かれていた通り、世の中には「家族なんだから分かり合えるはずだ」と言ってくる人もいますよね……。

ばたこさん(以下、ばたこ):「家族なんやから、仲良くしないとダメだ」と言う人は、どうしようもない人が家族になったことがないんだろうなと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.