くらし情報『一人暮らしの部屋で人生初のソロ越年。しんどさの中で得た学び【小島慶子】』

2021年1月18日 14:45

一人暮らしの部屋で人生初のソロ越年。しんどさの中で得た学び【小島慶子】

目次

・人生初のソロ越年
・地動説を唱えて裁判にかけられたガリレオ
・「土の時代から風の時代へ」
・外出自粛の中で気づいたシンプルな幸せ
一人暮らしの部屋で人生初のソロ越年。しんどさの中で得た学び【小島慶子】

恋のこと、仕事のこと、家族のこと、友達のこと……オンナの人生って結局、 割り切れないことばかり。3.14159265……と永遠に割り切れない円周率(π)みたいな人生を生き抜く術を、エッセイストの小島慶子さんに教えていただきます。

第37回は、新たに迎えた2021年をどう過ごすか、小島さんが思う「これまで」と「これから」についてつづっていただきました。

人生初のソロ越年

年末年始はどう過ごしましたか?私は、いつも年末年始はオーストラリアの家族と過ごしているのですが、2020年は1月からずっとオーストラリアに戻れず、ついに東京の一人暮らしの部屋で人生初のソロ越年となりました。この分だともう当分は日本から出られそうにないので、長く楽しめる鉢花で寂しさを紛らわせようと、真冬に花を咲かせるクリスマスローズの鉢を買い、小さなしめ飾りや鏡餅を揃えて年迎えの準備。年越しは部屋に和バラの花束を飾り、パースの家族とビデオ通話を繋いで過ごしました。時差が1時間なのでカウントダウンも画面越しに一緒にできたし、離れているけどほんのりあったかいお正月でした。

元日には、一人暮らしの私を心配して、近所に住んでいる古い友人が手作りのおせちを届けてくれました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.