くらし情報『頑張って歩いても、効果がないかも…!? 骨盤腸整”NG”ウォーク』

2021年1月24日 20:45

頑張って歩いても、効果がないかも…!? 骨盤腸整”NG”ウォーク

目次

・やりがちなNGウォーク
・NG! 外股ペタペタ歩き
・NG! 内股ピョコピョコ歩き
・NG! 上半身がぶれるブレブレ歩き
・NG! 手を後ろに振れないトボトボ歩き
頑張って歩いても、効果がないかも…!? 骨盤腸整”NG”ウォーク

2020年10月8日に『10歳若返る骨盤腸整ウォーキング』(世界文化社)が発売されました。

著者は同書のタイトルにもある、「骨盤腸整ウォーキング」を提唱する、山﨑美歩呼さん。また、理学療法士で、ナチュレル フェール代表の清水賢二さんが監修を務めます。

同書の中から、覚えておきたい知識や、すぐに真似できるエクササイズを抜粋して掲載。全4回の第4回は、やりがちなNGウォークを紹介します。

やりがちなNGウォーク

頑張って歩いても、こんな悪い姿勢では効果がありません。ぜひ、使いたい筋肉をしっかり使える歩き方をマスターして、体の内側から若返りましょう。

NG! 外股ペタペタ歩き

一見すると安定した歩き方ですが、つま先が外を向いているため、本来使うべき足の筋肉がきちんと使えません。省エネモードの非常にもったいない歩き方です。

▲ 外股でペタペタと歩く。足の外側に体重が乗り、膝も外を向いた状態。

▲ 両足のかかとが離れているので、左右の足の間から後ろの景色が見える。

NG! 内股ピョコピョコ歩き

若い女性に多い、つま先が内向きのピョコピョコ歩き。足裏がきちんと使えず足の筋肉が横に張り出します。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.