くらし情報『岩田剛典を読み解く3つのキーワード【仲間想い・八方美人・サプライズ好き】』

2021年1月22日 20:45

岩田剛典を読み解く3つのキーワード【仲間想い・八方美人・サプライズ好き】

『名も無き世界のエンドロール』メイキングシーンより

不安だった「高校生パート」

——今回は、キダの高校時代から大人になるまでを、すべて岩田さんが演じられましたね。

岩田:そうなんです。僕は「高校生パートをいかに自分が演じないか」に力を入れていて、プロデューサー陣にもめちゃくちゃ相談したのですが……最終的には折れました(笑)。でも高校生の役はもう無理です、本当。

『名も無き世界のエンドロール』メイキングシーンより

——そんなことなかったですよ!

岩田:本当ですか?(笑)。僕自身はすごく違和感があったので、みなさんがご覧になるときに、ストーリーの邪魔にならなければいいなとだけ思っています。

——大丈夫です(笑)。幼なじみのマコト役・新田真剣佑さんやヨッチ役・山田杏奈さんとは、現場でどんなふうに過ごされましたか。

岩田:同級生の設定なんだけど、だいぶ年が違うから、実際は弟と妹みたいな感じですよね。でも、ふたりとも現場に入ると集中力がすごくて、めちゃくちゃ信頼して撮影に臨むことができました。地方ロケで一ヶ月くらいずっと神戸にいたので、撮影が終わったら、まっけんとはよくごはんに行きましたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.