くらし情報『岩田剛典を読み解く3つのキーワード【仲間想い・八方美人・サプライズ好き】』

2021年1月22日 20:45

岩田剛典を読み解く3つのキーワード【仲間想い・八方美人・サプライズ好き】

「今年は他になに撮ってるの?」とか「誰と仲良いの?」みたいな世間話をしたりして。僕とまっけんの関係性がすごく大事な作品だとお互いにわかっていたから、初日に連絡先を交換して、暇を見つけては誘い合っていました。

——そうやって関係をつくっていくんですね。それから、キダを「交渉屋」へと育てる、川畑役の柄本明さんもさすがの迫力でした。

岩田:柄本さん、クランクアップまでずっと僕のことをジャニーズだと思ってたんですよ。最後の最後に「なんだ、ジャニーズじゃないのか」とか言われて(笑)。ユーモアにあふれていて最高に素敵な方でした。

グッときたサプライズは「花束」

——キダは「交渉屋」という役柄ですが、岩田さん自身は、交渉や難しい人付き合いはお得意ですか?

岩田:うーん……キダみたいに難しい交渉をしたことってあんまりないですね。そもそも、不特定多数の人とまんべんなく上手に付き合うタイプなんです。友人は数少ないんだけど、誰とでもよそ行きの顔でほどよく交流できる、八方美人なところがあるんで。人付き合いのうえで、誰かに「あの人苦手だな」って思われることは、あんまりないような気がします。たぶん。

——八方美人って、大人になったらある意味では武器ですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.