くらし情報『「お母さんにしかできないこと」を手放して思ったこと』

2021年1月26日 20:45

「お母さんにしかできないこと」を手放して思ったこと

お湯の温かさや水圧で気休め程度に痛みが和らぐ気がする……と、夜中に何度もお風呂に浸かったりして、寝不足を招く日々。

お腹の赤ちゃんは、こんな状態でまともに産まれてくるのだろうか?睡眠も栄養も、赤ちゃんの身体を作る大事な時期なのに。

体力的にも精神的にも追い詰められた私は、この時点ですでに人生の一大イベントに失敗したんだな、という気分でした。……私ってば、いつもこうだよ……。やっと掴んだ幸せってやつが、ゴール直前にひっくり返るような、そんな感じ。

無痛分娩を諦め、娘と初対面

ほぼ1ヶ月間、痛みに耐える日々をおくった末、かねてから希望していた無痛分娩を諦めて、大学病院で出産をする事に。分娩体位をとるこができなかったため、帝王切開で予定日より約1ヶ月早く赤ちゃんを取りあげることになりました。正直、この時はもうとにかく痛みから解放されたくって1日でもいいから早く出して!と思っていました。

そしてついに、娘とのご対面。

全身麻酔から目覚めた瞬間、銀色の冷たいベッドに横たわっていた私は、本能的にそこから起き上がろうとしました。すると手術着を着たたくさんの人たちが私を囲み、肩を抑えて「動かないでください!元気な女の子が産まれましたよ!安心してください!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.