くらし情報『「お母さんにしかできないこと」を手放して思ったこと』

2021年1月26日 20:45

「お母さんにしかできないこと」を手放して思ったこと

と大きな声で伝えてくれました。

「あ、産まれたんだ……」心の中でそうつぶやいて、すぐにまた目を閉じると、次に目覚めた時は集中治療室にいました。娘と対面できたのは、その次の日でした。夫と私の母と一緒に車椅子でNICU(新生児集中治療室)に会いに行くと、我が子が保育器の中で眠っています。

可愛いとか、そういう感想の前にまず思ったことは、まともに栄養を摂取できず、ほぼ1ヶ月寝ていない状態で、精神崩壊寸前だった私から、人間が無事に産まれてきたことが本当に不思議でなりませんでした。あんなに心配しなくても、あんなに頑張らなくても、よかったんだなと、人生のイベントに失敗したと思っていた頃の自分に教えてあげたくなりました。

いよいよ、人生初の授乳

さて、私の育児はここから。人生初の授乳が始まりました。抱きかかえると、目の見えない赤ちゃんは必死におっぱいを探します。私も負けじと自分のおっぱいをひねって娘の口に押し当てます。何度もトライしますが、なかなか上手にできません。はっきり言ってオニ難(ムズ)です。母子ともに何度も何度も挑戦して、やっと長い時間おっぱいに吸いつけるようになると、娘は美味しそうにお乳を飲み始めました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.