くらし情報『夫の浮気を許すのが “いい女”?【アルテイシア】』

2021年2月17日 21:01

夫の浮気を許すのが “いい女”?【アルテイシア】

目次

・「妻の鑑」「神対応」に、えっ?
・男の性欲に甘い社会
・結婚後、5つの役を求められる女性たち
・モテない夫よりはマシ?
・厄介な人に笑顔で同意すると…
・大人が忘れてはいけないこと
夫の浮気を許すのが “いい女”?【アルテイシア】

ひがみ、ねたみ、そねみなのか、無邪気なのか。アドバイスかクソバイスか……。私たちをモヤっとさせる言葉を収集する「モヤる言葉図鑑」。

作家のアルテイシアさんと一緒に「モヤる言葉」を観察していきます。今回は「夫の浮気を許すのがいい女」です。

「妻の鑑」「神対応」に、えっ?

「夫の浮気を許すのがいい女」

男性に都合のいい言葉オブ・ザ・ワールドである。

歌舞伎役者や元議員の浮気が発覚した時、「離婚はしません」「夫婦で反省して再出発します」と頭を下げる妻を「妻の鑑」「神対応」とメディアが評価するのをたびたび目にする。

その絵面に「家父長制のニオイがプンプンするぜッー!!」とスピードワゴン顔になる。

もし浮気したのが女だったら「妻の浮気を許すのがいい男」とは言われず、むしろ「男のくせに情けない」と言われるんじゃないか。

「浮気は男の甲斐性」「女遊びは芸のこやし」なども、男性にだけ使われる言葉である。

男の浮気には寛容で、女の浮気には不寛容。ジェンダーギャップ指数121位のヘルジャパンは、明治から変わらず、男に都合のいい国家なのだ。

明治時代の姦通罪は、不倫した妻(とその相手の男性)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.